FC2ブログ
栃木武徳殿 剣道教室・栃木市 剣道
栃木県栃木市にある剣道道場・栃木武徳殿 剣道教室公式ブログです。
**武徳殿Blogトップへ**





ブログ更新日・下記稽古日掲載

日本古来の武道が剣道です。

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

4月稽古:
3/4/7/10/11/14/17
18/21/24/25/28
(11日は日本武道館へ遠征、練習あります。)



栃木県 栃木市 剣道教室 武徳殿



目次・カテゴリ /武徳殿 剣道



栃木県栃木市・栃木武徳殿紹介

武徳殿ブログ管理人

Author:武徳殿ブログ管理人
本ブログは武徳殿
剣道保護者により
運営しております。
【武徳殿 武徳殿剣道少年団
 剣道教室】
栃木県栃木市万町25番16号
稽古日:毎週水・土・日曜日
少年少女:
水曜日 午後6時~7時30分
土・日曜日 午後3時~5時
一般社会人:午後5時~6時
初心者及び経験者随時募集中!
見学歓迎大歓迎♪
お気軽に声をお掛け下さい。

武徳殿は青少年健全育成を
第一目標に活動しています。

お問い合せ先:
代  表 松本光三
TEL:0282-24-3311
後援会長 藤田
TEL:0282-22-1658



最新記事



剣道教室へのお問い合せ

お名前:
メールアドレス:
お問合せタイトル:
お問合せ内容:



月刊剣道時代

対決が終わりましたら
画面右上の×閉じるボタンで
対決終了して下さい。



月別記事一覧



リンク集

このブログをリンクに追加する



こちらから携帯電話版へ

QR



全剣連が取り組むドーピング防止活動

ドーピング一刀両断!!



礼にはじまり礼におわる
剣道は、
「礼にはじまり礼におわる」と言われます。

その点で他のスポーツに比べ、礼儀作法を重視します。

相手を、思いやる心、相手に対して尊敬・感謝の心。
謙虚な気持ち、その気持ちがあるからこそ
剣道は武道であり、スポーツとなりえるのです。
礼を通し、人間形成という大きな目標が剣道にはあります。

「よろしくおねがいします」
「ありがとうございました」


しっかりとあいさつをしましょう。
栃木武徳殿 剣道少年団後援会/栃木市剣道教室

全日本剣道連盟、剣道の理念
「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である。」
また剣道の修練の心構えは、「剣道を正しく真剣に学び、心身を練磨して、
旺盛なる気力を養い、剣道の特性を通じ、礼節をとうとび、信義を重んじ、
誠を尽くして、常に自己の修養に努め、以って、国家社会を愛し、
広く人類の平和繁栄に寄与せんとするものである。
スポンサーサイト





道場訓・栃木武徳殿/栃木県栃木市、少年剣道教室
P1000119s.jpg

【 道場訓 】

一、剣道を勉強する者は 常に礼儀を正しくすべし

一、剣道を勉強する者は 常に心身の鍛練につとむべし

一、剣を学ばんとほっすれば 先づ心を学べ
  心正しからざれば 剣また正しからず


kokoroe.jpg



剣道歴史紀行 栃木武徳殿【月刊剣道日本2001.5掲載】
栃木武徳殿とここでは呼ぶが、これは大日本武徳会栃木(県)支部の武徳殿では
なく、その支部にあたる栃木市(落城当時は町)の武徳殿である。この日、珍し
く武徳殿は雪に覆われた。90年の昔、明治44年に竣工したこの建物は、現存し
稽古に使われている「武徳殿」としてはかなり古い部類に属する。落城式では
高野佐三朗、中山博道をはじめとする大家が試合を行ない、千数百人の招待客が
顔を揃えるという大盛況だった。

yuki.jpg




まもなく創建100周年!栃木武徳殿施設来歴
99年の歴史刻む剣道場・2011年で“100周年”
bu99th.jpg

 武徳殿の設立は、明治15年元宇都宮戸田藩の剣道指南信心流藤田高綱先生
(大正2年12月25日71歳死去・藤田和装女学院)の御尽力によるものである。
 先生は町道場「信武館」を設立し、栃木、下都賀を中心に上都賀、河内、
安蘇郡下より県外結城にわたり門弟700余名の指導育成に当たる。かたわら
栃木刑務所並びに県立栃中「現栃高」等の剣道指南として、嗣子藤田錦太郎
(昭和4年1月31日61歳死去)と共に指導に活躍中、偶々明治34年4月13日
大日本武徳会栃木支部が創設されるに至って、藤田父子は同時に教師並びに
審判員を委託され、続いて斯道発展に精進していましたがその間武徳殿栃木
支部設置の議を起こして、千有余名の同志、門弟等より零細なる浄財を集め、
現在地に信武館を併合して武徳会武徳殿(6間×8問=638平方メートル)
が明治44年4月3日創建となる。設立記念碑(寄付者芳名)が第二公園南
側丘の上に大正5年4月建立される。
 爾来歴代栃木警察署長が武徳会支所長に就任し、「藤田父子」は常任師範
として剣道の普及錬成に努め、国運発展に寄与すること大なるものが有った。

**********************************

開 設:明治44年4月3日(1911年4月3日)
創設者:藤田 高綱
     若年から文武両道を修め剣術の腕前は群を抜いていた。やがて宇
    都宮藩主・戸田越前守の江戸邸に勤め、信心流剣法・下江又市の門
    に入り文久3年宇都宮藩の剣術指南役となる。
     明治15年下毛存武社という剣道場創設、のちに尊武館と改める。
    高綱はさらに、信武館道場を設立、下都賀を中心に上都賀、河内、
    安蘇郡下から県外結城にまでいたった。明治34年4月3日創建さ
    れる。
     現在、栃木市に払い下げられ剣道愛好者・青少年の育成場として
    活用されるようになった。

***********************************

【TOCHIGI BUTOKUDEN 100TH ANNIVERSARY】
栃木武徳殿は2011年で創建から100周年を迎えます。



月刊剣道日本 2001年4月号表紙で掲載されました。
武徳殿道場の歴史
【栃木武徳殿道場まもなく創建100周年】
栃木武徳殿は、月刊剣道日本2001年5月号の表紙を飾りました。

zashi20015.jpg